プロフィール

ぱんでもさん

Author:ぱんでもさん
日頃思ったことのメモ帳

Twitter
情報
CSOで使ってるアカウント
・Pandem0nium

・にしおかすみこ
 


ドラゴンネストで使ってる名前

・あーさん大好き(パラ)

・ぱんでもにぅむ(マセ)

・とどころさん(ソド)
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでも日記 その0 ~学校評価と教員評価~

 学校評価とはどんなものなのか。

文部科学省のHPでは

学校の自主性・自律性が高まる上で、その教育活動等の成果を検証し、学校運営の改善と発展を目指すために、また、学校が説明責任を果たし、家庭や地域との連携協力を進めていくために学校が行う評価

とかいてある。

学校評価については、学校評価ガイドラインと呼ばれるすんごく長い文章を読みとくことでわかる。

という話だが、実際の話、いちから読むのはきつすぎるし、自分自身も完全には理解しきれていない・・・今度暇なときにもう一度読んでおこうと思う。

 自分なりの学校評価とは、学校が地域や保護者、学校関係者などの意見をアンケートなどを通して聞き、それを設置者に公表すること ということだ。

 それに対し教員評価とは、教員自身が評価の基準を決め、それが達成されたのかをしっかり確認するためのものであると言えよう。

 なぜ、これらの評価を行うのだろうか。それはいままでの学校の体制を見直し、社会から地域からも学校というものがより良いものであることの安心感を持たせるため、また、学校自体の「アカウンタビリティ(説明責任)」を持たせることなどが言えるのではないだろうか。

 まだ、明確になってない部分があるが、これからの勉強でしっかりと理解していきたいと思う。

コメント

Secret

No title

で!?、、、、っていう^0^
真面目か!!
mazimeか!!
MAZIMEか!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。